e-まち宮崎BLOG 落雷から身を守るには?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落雷から身を守るには?

[夏レジャーの“危機一髪”から生還せよ!]

おぃさんは、学生時代に真近で落雷の経験をした
夏の暑い授業中。
その日はなぜか教室のクーラーを付けずに授業が行われていた。
その為、風を入れる為に教室の窓は全開。

おぃさんの通う高校は工業系の学校であった為、1人1台のパソコンやサーバー等を「落雷」から守る対策設備が充実していた。

まぁ子どもの頃から雷は別に恐いとも思っていなかったが、この日を境に「雷」が少し恐くなった。

そう。授業中に、事もあろうか隣の校舎の避雷針に思いっきり雷が突然落ちた!
「バリバリバリッーーーーーーィ!!」
「ズドォーーーーーン!!!」

窓全開の教室に凄まじい衝撃と音が響き渡った。

と同時に、非常ベルなどの全てのアラームが鳴り響く。

おぃさんは、心臓が飛び出さんばかりに「バクバク」いってた。
身体が”異常な反応”を示す傍ら、脳内思考はいたって冷静。
「パソコンは大丈夫か!? サーバーは!?? システムに問題はないのか!???」
などと考えていた。

ともあれ、この落雷体験以降、最近になるまで雷が怖くなった。

まぁ今は元どおり恐くなくなったけど。

そう言えば、山の中で車を運転してる時にも落雷にあいました。
運転中の車に直撃です。
身体的被害はもちろん、計器類にも問題なく安全でした。
ほんの少しの衝撃は感じましたが全くの無事でした。

車の中は安全です。
テレビの実験でも、おぃさんの経験からも実証済みです。

結婚した今。
雷が鳴り出すと同時に、嫁と娘は窓を閉めながら恐がります

それを見ながら、
「大丈夫やが」
と笑ってるおぃさんです


 web R25 - 2012.08.10 記事転載

「雷」という漢字は、雷が「天空の神が太鼓を鳴らした」ことにより発生すると考えられていたことに由来しており、「田」の文字は、神様の鳴らす太鼓が変じたもの、という説もあるようだ。
夏になると増加するのが落雷による事故。そこで気になるのが、落雷から身を守るための方法だ。「腕時計やアクセサリーなど、金属を身に着けている場合は素早く外すこと」「落雷時には地面に伏せる」「高い樹木の下に避難する」など、巷説の雷対策はいくつかあるが、その信ぴょう性はどれくらいのものなのだろうか? 「Yahoo!天気・災害」にも全国の落雷情報を提供している、雷専門の気象情報会社「フランクリン・ジャパン」の今村益子(気象予報士)氏に伺った。

雷の写真
画像提供:FLSTF97/PIXTA

まず、もっとも著名な巷説と思われる「金属類を体から外す」だが、

「特に外す必要はありません。落雷で死亡した人が身に着けていた金属類が溶けていたことなどから、そのように誤解されてきましたが、現在では、身に着けた金属製品には、むしろ人体を流れる電流を減らす一定の効果があることが、実験などにより確認されています。ただし、傘やゴルフクラブなどを頭より高い位置に掲げることは、雷を誘引する原因となるためご注意ください」

とのこと。一方、「落雷時には地面に伏せる」「高い樹木の下に避難する」については、

「アウトドアで落雷が発生した場合、実はもっとも危険なのが巷説にもある『高い樹木の下に避難する』こと。雷は高いものに落ちる性質があるほか、木は電流を通しにくい材質であるため、高い木に落ちた雷が、電気を通しやすい人体へと飛び移る危険性が非常に高くなります。アウトドアで落雷が発生した場合は、高い木の付近からは速やかに離れるよう心掛けてください」

とのアドバイスをいただいた。さらには、こんなアドバイスも。

「『落雷時には地面に伏せる』も実は間違い。確かに、身を低くすることは大切なのですが、地面にうつ伏せとなる姿勢では、付近に落雷があった場合に、地面を伝って人体(特に心臓)へ通電する可能性が高まりかえって危険です。両足を閉じた状態でしゃがみこみ、頭をなるべく低くし、耳をふさいだ姿勢を取るようにしましょう」

最後に、落雷が発生した場合の、適切な避難法などについても伺った。

「『光ってから雷鳴が聞こえるまでの時間』により雷の近さがわかるといわれますが、実際には雷鳴が聞こえる程度なら、いつ付近に落雷があってもおかしくない状態。雷鳴が聞こえたら、すぐ屋内などの安全な場所に避難するよう心掛けてください。ちなみに自動車や電車の内部は、金属やカーボンなど電気を通しやすい物体(導体)で覆われており、落雷の電流が導体を通って地面に流れてしまうので、おおむね安全といえるでしょう」

また、あまり知られていないことだが、こんな避難場所もあるという。

「電線(配電線や送電線)の下は、電線が避雷針に近い役割をしてくれるので、屋外ではもっとも安全な場所のひとつ。同様に金属製の鉄柱や鉄塔付近も安全な場所といえますが、付近に避難する場合は、念のため本体から2m程度の距離を取るようにしてください」

なのだとか。いずれにしても、余裕がある場合には「雷鳴が聞こえたら避難」がベストなサバイバル術といえそうだ。

(石井王子様)

◎DATA◎
web R25…人生の不思議がハラオチする
 >>夏レジャーの“危機一髪”から生還せよ!/第2回
   落雷から身を守るには?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ 
スポンサーサイト

コメント

プロフィール

おぃさん♪

Author:おぃさん♪
元NTT"e-まち宮崎"おぃさん的ブログへようこそ♪
何気に始めただけやかぃボチボチいきますか(笑
宮崎県内外の情報や身の回りの出来事やらいろんな情報を配信中です(^^)

ご訪問ありがとうございます

お小遣い稼ぎ♪


amazon

ブログ内検索チョ♪
Link Link Link♪
気になる?★Shopping★

    <楽天市場>


    <気になる季節の特集>


    <サンスター>


    <オークション開催中!!>
     

    【宅配水のクリスタルクララ】

    【ショップジャパン】

    【日本初サプリメント専門店】

    【食べる断食ぷちベジ36】

    アクセストレード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

★お役立ち情報★

インターネットで簡単お手続き


無担保ローン

Web page translation
カテゴリー
新燃岳最新火山情報
最新ライブカメラ映像
新燃岳最新火山情報最新ライブカメラ映像

【九州電力-電気予報】

九州電力今日の電気予報

【今日の運勢・吉方位】

最近ノ記事デスヽ(^▽^)ノ
最近ノコメット♪
携帯版e-まちブログQRコード
QRコード
お便りメールスル(´ー`)?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。