e-まち宮崎BLOG 敵艦を撃沈、南北戦争の人力潜水艦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵艦を撃沈、南北戦争の人力潜水艦

アメリカ南北戦争時代に潜水艦

と驚くニュースがあったのでご紹介
National Geographic News
February 2, 2012
敵艦を撃沈、南北戦争の潜水艦
 アメリカ南北戦争末期の1864年2月17日夜、サウスカロライナ州チャールストン沖合で敵を襲撃する南軍の人力潜水艦H・L・ハンリー。船首から突き出た鉄棒の先端に外装水雷を装着し、目標に引っ掛けた後にすかさず後退を始める。しばらくの後、水雷が爆発し、北軍の木造蒸気帆船フーサトニックは沈没。ハンリーは敵を撃沈した史上初の潜水艦となった。
 攻撃の直前、フーサトニックの見張りは、展望塔だけを海面から出して航行する奇妙な船を目撃している。見張りは危険を知らせたが、フーサトニックの搭載砲は海面下の潜水艦を狙うまでの俯角を取れず、乗組員のライフル銃や拳銃もまったく歯が立たなかった。
 爆破から5分後、フーサトニックは水深約9メートルの海底に沈んだ。 7人の乗組員がクランクを回して推進する人力潜水艦ハンリーはその後、一度海面に浮上。艦長のジョージ・E・ディクソン海軍大尉が発煙筒に着火し、岸にいる南軍に攻撃の成功を伝えた。
 しかし、ハンリーと乗組員はこの歴史的ミッションから帰還することはなかった。成功の合図を送った直後に同艦はチャールストン沖約6.4キロに沈没し、2000年に引き上げられるまで136年間の長い眠りについた。
人力で推進、南北戦争の潜水艦 修復が完了、南北戦争の潜水艦

 アメリカ南北戦争で沈没した南軍の潜水艦H・L・ハンリー。歴史上初めて敵艦を撃沈した潜水艦だ。引き上げ後、サウスカロライナ州ノースチャールストンのクレムゾン大学ウォーレン・ラッシュ保存センター(Warren Lasch Conservation Center)で11年におよぶ保存・復元作業が実施されていた。
 ハンリーは1864年、サウスカロライナ州チャールストンの沖合で北軍の艦船フーサトニックを撃沈したが、その直後に自らも沈没。8名の乗組員と共に、その所在は長らく不明のままだった。ハンリーの残骸は1995年にようやく発見され、2000年に引き上げに成功している。
 今年1月12日、特殊な鉄骨トラス(鋼材を接合した支持体)がクレーンで取り外され、往時の姿が公開された。現場に立ち会った技師のジョン・キング氏はこう話す。「ハンリーの全体像を目にするのは誰も初めてだろう。全貌がいよいよ明らかになる」。

Illustration by Richard Schlecht, National Geographic

この潜水艦、修理・復元されたそうで、是非見てみたいと思うおぃさんです

◎転載◎
 ・ナショナルジオグラフィック ニュース
  「敵艦を撃沈、南北戦争の潜水艦」
スポンサーサイト

コメント

プロフィール

おぃさん♪

Author:おぃさん♪
元NTT"e-まち宮崎"おぃさん的ブログへようこそ♪
何気に始めただけやかぃボチボチいきますか(笑
宮崎県内外の情報や身の回りの出来事やらいろんな情報を配信中です(^^)

ご訪問ありがとうございます

お小遣い稼ぎ♪


amazon

ブログ内検索チョ♪
Link Link Link♪
気になる?★Shopping★

    <楽天市場>


    <気になる季節の特集>


    <サンスター>


    <オークション開催中!!>
     

    【宅配水のクリスタルクララ】

    【ショップジャパン】

    【日本初サプリメント専門店】

    【食べる断食ぷちベジ36】

    アクセストレード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

★お役立ち情報★

インターネットで簡単お手続き


無担保ローン

Web page translation
カテゴリー
新燃岳最新火山情報
最新ライブカメラ映像
新燃岳最新火山情報最新ライブカメラ映像

【九州電力-電気予報】

九州電力今日の電気予報

【今日の運勢・吉方位】

最近ノ記事デスヽ(^▽^)ノ
最近ノコメット♪
携帯版e-まちブログQRコード
QRコード
お便りメールスル(´ー`)?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。