e-まち宮崎BLOG 熊本県人吉市日帰り旅行♪(永国寺編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本県人吉市日帰り旅行♪(永国寺編)

お待ちかね!
おぃさんの熊本県人吉市日帰り旅行♪の足跡をご紹介(=^v^=)
今日はその③『永国寺』です♪

人吉市を20年振りぐらぃに観光と言う事で「ゆうれい寺」としてTVでも何度か紹介された事がある『曹洞宗蓬莱山 永国寺』に久しぶりに行ってみよぅか!と言う事でちょぃと見て来ました(^^)
行ってみて思ったのが、おぃさんが子供の頃行った時と比べてキレイになったと言うか結構整備されちょったw
山門から本堂までの道は昔は石の枕木みたく足元がゴツゴツして歩きにくかったっちゃけど今は歩きやすい様にされちょったし、途中の鐘楼門も新たに建て替えられたみたいで綺麗になっちょった(-^v^-)

んでだ。
なんでこのお寺が『ゆうれい寺』と呼ばれるかと言うと…。
文字通り、このお寺の本堂裏の池で幽霊がでたから!
そんでもってその幽霊を描いた掛け軸(現在はレプリカの展示公開)があるから!!

この幽霊の掛け軸の由縁は…(永国寺パンフレットより転載)
=====================================================
当寺開山実底超真和尚が描いたと伝えられる。
創建当時、近郷の木上にさる知名の士がおり、妾を囲ったが本妻の嫉妬に悩み、球磨川に身を投げて非業の死を遂げた。
しかし、その怨みが幽霊となり本妻を苦しめた。
本妻は実底和尚の法力を頼り、当寺に駆け込んだ。
和尚の前に現れた幽霊は、和尚より因果の道理を説き聞かされ、和尚が描いた己の醜い姿に驚き、和尚に引導を渡して欲しいと懇願し、実底和尚の引導に依り成仏し、それから現れなくなったと言う。
幽霊が出たと言う池は湧水池で、春にはつつじ、海棠等、夏には水連等咲き乱れ、四季折々の変化を楽しむことができる。
=====================================================

とまぁこんな事ですょ( ▽|||)
「妾を囲う」って…今も昔も男ってやつは…ですな(;^_^A
おぃさんは断じて御座いませんが(^^;
○クハラかちょ→はどぅじゃろ(≧∇≦)!
ビッグおぃさんは…居るとは言えなぃから知らない事にするヾ(´▽`)ノ彡☆

久しぶりに行ってみて1番ビックラこいたのが、昔は本堂内のみの見学やったっちゃけど、「本堂」と繋がる「庫裡」と「書院」も見学できる様になっちょって、「庫裡」には書画や西南戦争絵巻の展示もされちょった(^^)
幽霊が出たと言われる本堂裏の池は本堂から庫裡・書院の廊下から見える様になっちょるw
一度『幽霊の掛け軸』を見に行ってはいかがかな(^v^)?
お寺の歴史や掛け軸などの説明なんかは本堂にビデオが設置してあるかぃ気軽に寄り易い感じやねw(自由見学)
永国寺 永国寺
<画像はパンフレットの写真を転載>

◎DATA◎
 ・『曹洞宗蓬莱山 永国寺』
  熊本県人吉市土手町5⇒(goo地図/ルートガイド対応)
  『永国寺』紹介ページ…ありのままの熊本アーカイブス内地域発ふるさとの自然と文化
  『永国寺』紹介ページ…高橋酒造株式会社/人吉・球磨/カジシンエッセイ/第3回「幽霊の掛け軸」
スポンサーサイト

コメント

プロフィール

おぃさん♪

Author:おぃさん♪
元NTT"e-まち宮崎"おぃさん的ブログへようこそ♪
何気に始めただけやかぃボチボチいきますか(笑
宮崎県内外の情報や身の回りの出来事やらいろんな情報を配信中です(^^)

ご訪問ありがとうございます

お小遣い稼ぎ♪


amazon

ブログ内検索チョ♪
Link Link Link♪
気になる?★Shopping★

    <楽天市場>


    <気になる季節の特集>


    <サンスター>


    <オークション開催中!!>
     

    【宅配水のクリスタルクララ】

    【ショップジャパン】

    【日本初サプリメント専門店】

    【食べる断食ぷちベジ36】

    アクセストレード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

★お役立ち情報★

インターネットで簡単お手続き


無担保ローン

Web page translation
カテゴリー
新燃岳最新火山情報
最新ライブカメラ映像
新燃岳最新火山情報最新ライブカメラ映像

【九州電力-電気予報】

九州電力今日の電気予報

【今日の運勢・吉方位】

最近ノ記事デスヽ(^▽^)ノ
最近ノコメット♪
携帯版e-まちブログQRコード
QRコード
お便りメールスル(´ー`)?

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。